オンライン•ゲーム産業は2006年に原動力が得られました

2007/01/18

オンライン•ゲーム産業は2006年に原動力が得られました

市場調査機構であるIDCによると、中国のオンライン•ゲーム産業からの収入は、2006年の65億元(8億4000万米ドル)で1年前に比べ73パーセント増になりました。インターネット・アクセスが普及しているにつれて、2011年までに4倍増になることが可能です。  

中国南西に位置している四川省の首都である成都で開かれたオンライン•ゲーム会議で発表されたIDCによる報告書によると、中国のオンライン•ゲームによる収入は毎年30パーセント増え、2011年までに250億元(32億米ドル)に達するようになるでしょう。

テレコム、インターネット、コンピュータ、ソフトウェア、および家電のような業界はすでにオンライン•ゲームの急速な成長からビジネスチャンスを得られ、上記業界は2006年にオンライン•ゲームから330億元(43億米ドル)を獲得しました。

IDCによると、18歳から30歳間の若年層は中国におけるオンライン•ゲーム•プレーヤー人数(凡そ3100万人と見積もられています。)の大部分を占めています。

この前、韓国と日本のゲームは市場シェアの大半を占めていましたが。2006年の中国製のオンライン•ゲームは国内市場の65パーセントを占め、ひいては、昨年の輸出収入は2000万ドルに達しました。

「情報産業部はすでにオンライン•ゲームを2006から-2010までのソフトウェアと情報サービス発展企画書の中に入れ、情報産業部はゲーム産業の健康的な発展をサポートします。」と 陳英さん(情報産業部電子情報製品管理部の副部門長)は水曜日にこう話しました。

詳細については、Chinadailyにアクセスしてください