最新研究:2006年にゲーム外注市場は10億ドルを越えました

2006/06/29

最新研究:2006年にゲーム外注市場は10億ドルを越えました

スクリーンダイジェスト会社の最近調査によると、「ゲーム産業は静かな革命を経験しています。コスト増大に対応し、ゲーム開発は自社開発から外注に移行しつつあります。  

その結果として、大量な資金は外注会社に移行し、しかも、多くの受注会社は東ヨーロッパと南アジアにあります。

 

  • 2006年まで、世界のゲーム外注はゲーム市場シェアにおいて11億ドルに達し、2010年にゲーム開発総額の40%を占める25億ドルを超えると予想されています
  • アウトソーシングは普及しつつあります:現在では、60%のゲーム•スタジオは外注方式を取っています。2008年までに90%を越えると見込みです
  • 豊富な経験に富んだ外注会社の高品質のアニメアート製作能力はすぐに供給不足になると予測されます

  • アート製作外注制作は既に大きく成長しています。スクリーンダイジェストによると、2年内に、世界のトップ開発者はほとんどの環境技術と四分の三に近いキャラクター技術を第三者に外注すると予測されています。